真っ黒乳首をピンクにする方法

バストトップをピンク色にするには




あなたの真っ黒乳首も美容クリニック
ならピンク色にしてくれます!



黒い乳首で萎える男の人
実はたくさんいるのです。
あなたパートナーはあなたの真っ黒乳首にドン引きしている可能性が大です。


子供ができてから主人が求めてこない。

出産後にセックスレスになった。

子育てが一息ついたけど夫婦生活が元に
もどらない。


そんな悩みをお持ちではありませんか?


もしかしたらそれはあなたの乳首の変化に原因があるのかもしれません。
あなたの乳首は出産前にくらべて黒くなっていませんか?

黒い乳首に興奮するエロい男性もいますが、普通の男性は、やはりピンクの乳首を喜びます。
あの中村獅童はおっぱい星人として有名ですが、彼が当時の奥さんだった竹内結子の妊娠
して黒くなった乳首を見て竹内結子への興味を一気に無くして「醒めた」というのは有名な噂です。
もちろんそれだけが原因ではないと思いますが、結局あの2人は離婚してしまいましたからね。 


あなたはどうしますか?
  
黒い乳首のせいで、このまま
セックスレス夫婦に突入していいんですか?


決断するなら今ですよ。


ではどうしたら良いのか?

子供を産んでから乳首の色が黒ずんできたのなら、もともとはそれほど黒いわけでは
ないということですよね?

つまり、「刺激」や「ホルモン」で黒ずんだだけで、地黒になったのでは
ありません。

それならばまずは「美白剤」です。
ただし、市販されている美白クリームとかでは効果が薄いので、
美容外科で医薬品を処方してもらいましょう。

美白薬で有名なのは「ハイドロキノン」や「レチノイン酸」です。
最近では個人輸入でも手に入りますが、効果が強力な一種の劇薬なので
お医者さんでしっかり使用量や使い方の説明を受けたほうが安心です。

それでもあまり結果が出ないようならCO2レーザーですね。
これはレーザーで皮膚に微細な穴をあけて熱エネルギーを
与えることで新しい皮膚細胞の再生を促進させることができるのです。
良く言われる「ターンオーバーの促進」というものですね。


レーザー治療を受けるかもしれない可能性を考えると、やはり最初から美容外科に
相談するのがおすすめです。






ハイドロキノンは処方してもらうと
5gで7020円で、
レチノイン酸クリームも同じぐらいの値段です。

フラクショナルCO2レ−ザ−で美白してもらった場合は乳首は照射範囲が狭いので、
費用的にはリーズナブルです。

1回で8000円前後、5回だと35000円ぐらいです。



もしあなたの乳首がピンクになったら


温泉やスーパー銭湯でまわりの女性たちの乳首をよく見て下さい。
ピンクの乳首というのは相当「レア」
なんです。

つまりピンクの乳首になれば他の女性たちを「ごぼう抜き」して、あなたがトップに立てるのです。


 治療例 >> 

 




どうですか? すごいでしょう?


まずはレーザー治療器を持っているクリニックに行って美白剤を処方してもらいましょう

 ↓ ↓ ↓

乳首の黒ずみをレーザー治療してくれる美容クリニックまとめ




少し前までは美容外科の医師が自分で施術を受けたり、家族に勧めたりすることは
ほとんどなかったようですが、今は違います。
美容外科の先生自身が手術を受けたり、家族や親しい友人などにすすめるようになっています。 つまり美容外科の医療技術がものすごく進歩しているのです。



美容クリニックの
カウンセリングは無料(タダ)です。

カウンセリングしてもらったからといって
施術を受けるのは必須ではありません。


説明を受けても気が進まない場合

・「高いからやっぱり払えない」

・「友人・家族と相談してから改めて来ます」

・「もう一回じっくり検討してみます」

などと言って帰ってきましょう。

 

サイトマップ

ブースター美容液